キャンペーン公式LINE友達追加

基本情報技術者試験の対策法は?科目B試験の勉強法のコツや独学が可能かも解説

基本情報技術者試験の対策法は?科目B試験の勉強法のコツや独学が可能かも解説

基本情報技術者は、IT業界で求められる必須の資格となっています。
近年、ITやAIの発展は著しく、これからますますその価値が高まっていくことも予想されます。
この記事では、そんな基本情報技術者試験に合格するための対策法やそのコツ、対策に必要な目安の勉強時間まで詳しく解説します!

基本情報技術者試験はどんな試験?

基本情報技術者試験は、ITエンジニアを目指す多くの人々にとって、そのキャリアの第一歩となる重要な試験です。
公式サイトによれば、基本情報技術者試験の対象者は、「高度なIT人材となるために必要な基本的知識・技能を持ち、実践的な活用能力を身につけたもの」とされています。
この試験は、IT業界における一般的な知識を理解し、実際の業務に役立てるための試験と言えるでしょう。基本的な知識や技術を習得することによって、IT分野でのキャリアをスタートさせることができます。
試験に関して、近年の統計によれば、2023年4月に制度が改定されたことで、合格率が大幅に上昇しています。
2023年4月および5月の試験では、合格率が50%を超えるなど、非常に高い水準となりました。

基本情報技術者試験の問題数や時間は?

基本情報技術者試験は、科目A試験と科目B試験の2つ分かれています。これらの試験をバランスよく対策することが、合格に向けて重要です。
科目A試験は、四肢択一式問題で構成されており、60問が出題され、試験時間は90分となっています。この試験では、基本的な知識や理解力が求められ、正確でスピーディーな回答が求められるため、問題文をしっかりと読み、選択肢を慎重に比較する必要があります。
一方、科目B試験は、多肢選択式問題で構成されています。こちらでは、20問の問題が出題され、試験時間は100分となっています。
科目B試験では、実践的な応用力や問題解決能力が問われます。問題文を理解し、論理的な思考を駆使して解答することが求められます。
両試験において、合格するためには、1000点中600点以上を獲得する必要があります。したがって、バランスよく両試験に取り組むことが重要です。
科目Aと科目Bのどちらか一方に偏らず、両方の試験範囲を十分に網羅するように準備しましょう。点数配分を意識しながら、戦略的に対策を立てることが合格への近道となるでしょう。。

基本情報技術者試験の範囲や配点は?

科目A試験

科目A試験は、主にテクノロジ系、マネジメント系、ストラテジ系の3つの出題範囲から構成されています。
テクノロジ系では、システム構成やアルゴリズム、プログラミングなど、情報系の幅広い知識が問われます。この分野では、専門的な知識と理解が求められるため、しっかりと準備する必要があります。
科目A試験では、特にテクノロジ系の出題範囲が最も重要なウェイトを占めています。したがって、テクノロジ系に重点的に学習することが重要です。
試験勉強の際には、テクノロジ系のトピックに集中し、深い理解を得るよう努めましょう。
一方、マネジメント系では、プロジェクトのマネジメントやコミュニケーションの方法などが問われ、比較的対策が容易な範囲と言えます。
ストラテジ系では、システム戦略の方法やマーケティングなどが出題されます。この領域では、戦略的思考やビジネス理解が求められます。
問題数の内訳を見ると、テクノロジ系で約40問、マネジメント系で約7問、ストラテジ系で約12問が出題されることが分かります。この分布からも、テクノロジ系の出題範囲の重要性が浮き彫りになります。
科目A試験では、テクノロジ系の出題が配点の半分近くを占めるため、テクノロジ系の問題で高得点を獲得することが合格の鍵となります。
しっかりと準備し、テクノロジ系の知識をしっかりと習得することが合否の分かれ目と言えるでしょう。

科目B試験

科目B試験は、全20問からなり、試験時間は100分です。
試験の構成は、アルゴリズムとプログラミングが16問、セキュリティが4問という形で出題されます。アルゴリズムとプログラミングが科目B試験の大部分を占めるため、この分野に重点的に対策を行うことが重要です。
以前の午後試験では、受験者は回答する問題を選択することができました。しかし、科目B試験では全ての問題に回答する必要があります。
つまり、苦手な分野を避けることができないため、全体的な対策が不可欠です。
アルゴリズムやプログラミングの理解を深め、実践的な問題に慣れるために、充実した対策を行うことが必要です。
プログラミング言語やデータ構造、アルゴリズムの基礎をしっかりと復習し、実際の問題演習を積んで自信をつけるよう努めましょう。
科目B試験では、時間配分にも注意が必要です。20問に対して100分という制約があるため、適切な時間管理が求められます。
問題ごとに適切な時間を割り当て、全体の流れを把握しながら解答に取り組むことが重要です。

基本情報技術者試験はどのような対策が必要?

IT業界で働く上で、さまざまなメリットがある基本情報技術者ですが、ではその試験対策としてどのようなことが大事なのでしょうか。

インプットとアウトプットが肝心

基本情報技術者試験の取得を目指す際には、主にインプットとアウトプットの2つのアプローチが重要です。勉強の比率としては、大まかにインプットとアウトプットの割合を7:3程度にすることが推奨されます。特に、IT初心者の場合は、まだ基礎知識が不足していることが多いため、インプットに十分な時間を割くことが重要です。
インプットの方法としては、テキストや参考書を読み込んで基礎知識を学ぶことが主なアプローチとなります。重要な用語や概念を理解し、全体像を把握することに重点を置きましょう。
一方、アウトプットでは、問題集や過去問を活用して演習を行います。これにより、学んだ知識が実際の問題解決にどれだけ活かせるかを確認することができます。
インプットでは、基本用語や概念の理解、全体像の把握が重要ですが、アウトプットでは問題形式に慣れるための演習や自身の弱点を把握することが特に重要です。
アウトプットを通じて、対策の必要な問題を見つけ、それに対する対策を行うことで、試験に向けた準備をより効果的に進めることができます。
基本情報技術者試験の取得を目指す際には、インプットとアウトプットをバランス良く取り入れながら、確実な学習と演習を進めることが重要です。
自身の弱点を洗い出し、対策を立てながら、試験に臨む準備を進めましょう。

試験対策の進め方は?

基本的な知識を確固たるものにするためには、テキストを中心とした知識のインプット作業を行う必要があります。
まずは、テキストや参考書などを使って知識をインプットしましょう。
この段階では、基礎的な知識を習得するためにテキストにしっかりと取り組むことが重要です。理論や概念を知ることで、基本的な知識が固まっていきます。
次に、インプットした知識を問題で実際に活用できるかどうかを確認するために、アウトプット作業を行います。
問題集や過去問題を解いて、自身の理解度や応用力を試してみましょう。この段階では、現状の分析を行い、自身の弱点や改善点を把握することが重要です。
最後に、試験直前の学習を行います。この時点では、復習や模擬試験など、実際の試験形式に近い学習を重視しましょう。
自信を持って試験に臨むためには、試験形式に慣れることが重要です。また、直前の学習では、重要ポイントの復習や不安要素の克服に集中することも有効です。
このように、学習を3つの段階に分けることで、インプットとアウトプットがバランスよく行えます。基本的な知識の習得から実践力の向上、試験形式への適応までを順番に進めることで、効果的な学習ができるでしょう。

直前の対策も重要

試験直前の期間は、緊張感が緩みがちですが、気を抜かずに勉強を続けることが重要です。
直前期には、過去問や問題演習を通じて、間違えた問題や自身の苦手分野に集中して取り組むと良いでしょう。これにより、弱点を克服し、点数を上げることができます。
特に、取り組んでから時間が経っている論点に関しては、忘れてしまっていることも多いです。
本番で思い出せずに失点するのはもったいないため、テキストを読み返したり、ノートやメモを見直して復習することが重要です。過去の学習内容を振り返りながら、復習を行いましょう。
直前期は、最後まで集中力を保ち、効果的な学習を行うことが合格へのカギとなります。気を抜かずに取り組み、自身の弱点を克服するための努力を惜しまないようにしましょう。

対策法は人による

勉強の過程では、自身の知識状況に合わせて柔軟に対策を変えることが重要です。
初心者の場合は、テキストを読んでも見慣れない単語や概念が出てくるため、勉強がスムーズに進まないことがあります。そこで、基本的な用語の意味を1つずつ丁寧に調べながら学習を進めると良いでしょう。
基礎知識を習得することは急ぎませんが、理解が追いつかずに問題演習に走ることは避けるべきです。特に科目A試験の対策に重点を置くことで、基本知識が自然と身に付いていきます。最初は分からないことが当然ですので、丁寧に勉強を始めましょう。
一方、IT系の事前知識がある場合は、テクノロジ分野などの習得には比較的労力が少なく済みます。
そのため、既にインプットできている論点については、過去問演習などに時間を割くことが適しています。
特に科目B試験では、長文形式で難易度の高いプログラミングやアルゴリズムの範囲が出題されます。
出題形式に慣れるためにも、演習に多くの時間を割くことが非常に重要です。数多くの過去問に取り組み、問題に慣れていくことで得点を安定させることができます。
このように、自身の知識状況に合わせて対策を柔軟に変えながら、適切な学習を進めましょう。

独学でも対策可能?

基本情報技術者試験は、独学でも合格を目指すことができます。
ただし、IT初心者の場合は、専門的な用語に対応することが難しく、勉強がはかどらないことがあります。このような場合、事前にITパスポート試験を受験することをおすすめします。ITパスポート試験を受験することで、基本的なIT知識を身に着けることができます。これにより、基本情報技術者試験の勉強がスムーズに進むでしょう。

前述した基本的な勉強法に加えて、勉強スケジュールの管理も重要です。計画的に時間を使い、効率的に学習を進めることが合格への鍵となります。自身のペースに合わせたスケジュールを立て、適切な範囲をカバーするようにしましょう。
定期的な休息やリラックスする時間も取り入れながら、心身の健康を保ち、モチベーションを維持することも重要です。

通信講座での学習もおすすめ

基本情報技術者試験は、独学でも合格することができますが、内容は高度で専門的なものが多く、初心者にとってはとっつきにくい部分もあります。
もし専門的な内容に不安を感じている場合は、わかりやすい学習が可能な通信講座で学習を始めることをおすすめします。
通信講座では、専門の講師から教えてもらうことができます。講座では、基本的な知識から徐々に高度な内容に進んでいくため、初心者でもスムーズに学習を進めることができます。
教材や講義ビデオなども提供されるため、自宅で自分のペースで学習することができます。通信講座では、独学では手に入りにくい具体的な解説や質問対応なども受けることができます。
また、講座を通じて他の受講生と交流することで、学習のモチベーションや理解の深化にも繋がります。
ただし、通信講座を選ぶ際には、信頼性のある講座やカリキュラムの充実度などを確認することが重要です。
評判や口コミを参考にするなど、適切な講座を選ぶようにしましょう。
基本情報技術者試験に独学で合格することは可能ですが、専門的な内容に不安を感じる場合は通信講座での学習がおすすめです。
講座を通じて専門講師の指導を受け、わかりやすく効果的な学習を進めることができます。自身の学習スタイルや目標に合った講座を選び、合格への道を着実に進めましょう。

基本情報技術者の対策に必要な勉強時間は?

基本情報技術者試験の合格までにはおおよそ150時間程度の勉強が必要と言われています。
この場合、1日3時間の勉強を継続すると、約2か月弱の期間がかかることが分かります。つまり、継続的な勉強が不可欠です。ただし、仕事などの都合で1日に3時間の勉強時間を確保できない場合は、より長い勉強期間を見込んで計画することが推奨されます。
自身のスケジュールに合わせて適切な勉強期間を設定することで、無理なく合格に向けた取り組みができます。
一方、情報処理系の知識がある人の場合は、おおよそ40〜50時間程度の勉強で合格できると言われています。この場合、1日3時間の勉強を継続すると、約3週間程度で合格することができます。短期間での合格も現実的な目標となります。
特に、ストラテジ系やマネジメント系の知識はIT系の人にとっては馴染みの薄い領域であるため、重点的に学習することで、均等に高得点を獲得することができます。
ただし、個人によって勉強時間は異なるため、これらの時間はあくまで目安として考えてください。各人の学習ペースや背景に応じて、計画を立てる必要があります。重要なのは、自身のスキルと学習ニーズを正確に評価し、合格への道筋を立てることです。

試験対策を進める際のコツ

基本情報技術者の勉強は高度なものも多く、いかに効率よく進めるかが非常に重要になってきます。

以下では、勉強する際のコツを紹介します。

勉強時間を毎日確保すること

基本情報技術者の勉強において、毎日コツコツと継続して勉強することは非常に重要です。ただし、単に勉強時間を積むだけではなく、効果的な学習をするためにはいくつかのポイントに気を配る必要があります。
まず、一日でも空白日を作ってしまうと、前日に学んだ知識が薄れやすくなります。知識は継続的な復習や応用によって定着するため、間断のない学習が重要です。空白日を作ることは非効率であり、さらに勉強の習慣自体も崩れやすくなります。
モチベーションが低下している日でも、短い時間であっても勉強することをおすすめします。たとえば、15分だけでも新しいトピックに触れることで、学習の連続性を保つことができます。これにより、モチベーションを保ちながら効果的な学習を継続することができます。
さらに、継続するためには毎日小さな目標を設定することも重要です。例えば、特定のトピックの理解や問題の解決に取り組むなど、具体的な目標を設定しましょう。目標を達成するたびに、達成感とモチベーションが高まります。
目標設定することで、効果的な学習環境を作り出し、継続的な成果を生むことができます。

勉強のスケジュールを立てる

合格するためには、継続的な勉強が何よりも重要です。しかし、単に毎日勉強するだけではなく、学習スケジュールを立てることで、合格までの道筋が見え、勉強を継続しやすくなります。
学習スケジュールを立てることは、目標に向かって進むためのロードマップを提供し、計画的な学習を促します。
学習スケジュールを立てる際には、試験範囲を正確に把握することが重要です。試験範囲を理解することで、どれくらいの勉強期間が必要かや、自分の苦手分野はどこかなどを把握することができます。これによって、効率的な学習計画を立てることができます。
試験範囲や自分の実力を分析した上で、頻出範囲を中心に学習スケジュールを立てていくと効果的です。頻出範囲に集中的に取り組むことで、限られた時間内で重要な知識を習得することができます。
柔軟性を持ちながら、自分の状況や学習の進捗に合わせてスケジュールを最適化していくことで、効果的な勉強を継続することができます。

わからないところを放置しない

問題や論点で理解できない箇所にぶつかった場合、テキストを読みしっかりと理解することが重要です。
放置してしまうと、その知識の穴が蓄積され、本番の試験で対応できないという事態に陥る可能性があります。そのため、迷ったり理解できない箇所は放置せずに取り組む必要があります。自分の苦手分野をしっかり把握することも重要です。
苦手な分野を無視して勉強を進めてしまうと、進捗の整理ができなくなり、悪影響が生じます。自分自身の弱点を把握し、適切な対策を取ることで、効率的な学習が可能となります。
分からない問題や理解できない論点を確認した後は、すぐに再確認できるようにするために、付箋などを活用しましょう。
問題やテキストに付箋をつけることで、後で簡単に復習できるようになります。このような細かな工夫を重ねることで、知識の穴を作りにくくすることができます。
具体的な試験対策においては、科目Aの試験において理解できない知識に対しては、放置せずに丁寧に復習するようにしましょう。
科目Aの試験対策は科目Bの試験対策の土台となるため、知識の不足を放置することは危険です。科目Bの試験対策では、設問に対して答え方がわからない部分を中心に、解説や参考書を丁寧に読み込むことが重要です。
理解できない箇所については、基礎からしっかりと学び直すことで、知識の抜け漏れを防ぐことができます。

基本情報技術者を取得するメリットは?

このように、IT業界に入る上で一般的な知識を取得することができる基本情報技術者の資格ですが、実際にどのようなメリットがあるのでしょうか。

IT業務にすんなり参加できる

基本情報技術者の知識は、ITや表計算に関する事前の知識が豊富であるため、仕事を覚えるスピードが速くなります。これにより、新しい業務にスムーズに適応し、効率的に業務をこなすことができます。また、他の社員と比べても優れたスキルを持っているため、社内での信頼感を得ることもできます。
基本情報技術者の知識は、新卒入社者や転職者がスムーズに業務をこなし、成果を上げるために非常に役立ちます。また、資格手当の支給など、キャリア面や金銭面においても利点は多いのです。

就職や転職に活かすことができる

基本情報技術者は、新卒の就活やIT業界への転職を目指す社会人など、さまざまな人が活かすことができる資格です。この資格を取得することは、IT企業で求められる知識を身に着けている証明になるだけでなく、表計算などのスキルは一般企業でも広く活用されています。
そのため、基本情報技術者の資格は、さまざまな業界で役立てることができます。
さらに、近年はITの発展が目覚ましく、今後もITに関連する仕事はますます増えると予想されます。そのため、基本情報技術者の資格を持つことで、、幅広い仕事の機会と可能性を提供してくれるでしょう。

基本情報技術者の試験対策まとめ

基本情報技術者は、IT業界では必須の資格であり、独学でも取得することが可能です。ただし、しっかりと計画を立てることと、インプットとアウトプットのバランスを取ることが重要です。理論的な知識の習得だけでなく、問題解決や応用力の養成も重要な要素となります。
基本情報技術者の取得は多くのメリットがあり、将来的にも需要が高まると予想される資格です。
ぜひ取得を目指し、自身のスキルやキャリアの発展に役立ててください!


関連記事