キャンペーン公式LINE友達追加

FP資格は女性におすすめ?目指すべき級や取得のメリットを解説

FP資格は女性におすすめ?目指すべき級や取得のメリットを解説

近年女性に人気となっているFPですが、なぜ多くの女性がFP資格を目指すの理由や、FPを取得するメリットについては詳しく知らない方も多いでしょう。
この記事では、女性がFP取得を目指すメリットについて詳しく解説していきます。これからFP取得を目指そうと考えている女性の方は必見です!

FP資格は女性と相性が良い?

ファイナンシャルプランナー(FP)は仕事と実生活の両方で役立つ知識を身につけることが可能です。FPになることで、税金、保険、年金など幅広い金融知識を学ぶことができます。しかし、魅力はそれだけにとどまりません。FPは女性の取得率も非常に高く、家計管理を担うことが多い女性にとっては、一生涯にわたって役立つお金に関する知識を身につけることができます。

女性は結婚や出産、キャリアの変化など、さまざまな局面でお金の管理や将来の計画が必要となります。女性のファイナンシャルプランナーは、自身の経験や共感力を活かして、クライアントのニーズに合った賢明なアドバイスを提供することができるのです。

さらに、女性のFPが増えていることで、女性向けの金融教育や情報提供が充実してきています。
セミナーやイベント、オンラインコミュニティなど、女性のためのファイナンシャルプランニングに関するサポートが増えているのです。
FP資格の人気の理由は、お金に関する知識が仕事と実生活の両方で役立つこと、女性に特化したニーズに対応できること、女性のFPが増えることで情報提供やサポートが充実することなど、多岐にわたります。
そのため、将来のキャリアや個人のファイナンシャルプランに興味がある人にとって、FP資格は魅力的な選択肢となるでしょう。

女性がFPを目指すなら何級?

FP資格は、3級から1級まで難易度によって分かれています。
もし自身のためにお金に関する基本的な知識や家計管理などを学びたい場合は、受験資格が必要なく手軽に挑戦できる3級で十分です。一方、転職や結婚後の社会復帰を考えていたり、将来の独立を目指す場合は、2級の取得がおすすめです。

勤務先や求人条件によって要求されるレベルは異なりますが、実務で活かすことができるレベルは一般的に2級以上とされています。目指すレベルは、FP知識をどのように活用するかによって異なりますが、FP2級は仕事や実生活での活用価値が高く、利用価値が高いと言えます。

自身の目標やニーズに合わせて、適切なFP資格のレベルを選ぶことが重要です。どのレベルを目指しても、FP資格を取得することでお金に関する知識やスキルを高め、将来の経済的な安定やキャリアの発展に役立てることができます。

FPは産休・育休中に目指すことは可能?

近年、産休や育休中に資格取得をする女性が増えています。というのも、この期間は時間にゆとりが生まれ、自身のライフプランやスキルアップ、転職を考える機会となるため、資格取得への関心も高まっているのです。
産休や育休中は、これまでの生活とは異なり、子育てに集中する生活に切り替わります。そのような特殊な環境下で、社会とのつながりや自分の時間を確保するために、資格の勉強に取り組む人もいます。
しかし、産休や育休中は家事や育児に追われるため、まとまった勉強時間を確保することは難しいと考える方も多いでしょう。
実は、資格の中でもFP資格は比較的難易度が低く、取得しやすい資格です。試験も年に3回実施されているため、勉強を始める時期に制約はありません。

そのため、産休や育休といった限られた期間内でも取得が十分に可能です。さらに、FPの知識の内容は身近で馴染みがあり、普段の経験から既に知識を持っていることが多いため、勉強が進めやすいという特徴もあります。出産や育児といった多くの経済的な負担がかかる場面では、FP資格の勉強がより効果的に進められることでしょう。
FPを目指す中で、自身や家族の経済的な安定や将来への準備を進めることができるでしょう。

女性がFPを目指す具体的なメリット

では女性がFPの資格を取得するのには、どのようなメリットがあるのでしょうか。ここでは、女性の方がFPを目指すメリットを詳しく解説します。

FPの知識を活かした副業が可能

自宅での副業が人気を集めており、その中でも「ライティング」と呼ばれる業務が女性に人気です。ライティングでは、指定されたテーマやキーワードに基づいてブログやウェブの記事を作成します。

特に「お金」に関連する記事の需要が高く、節約術やポイントサイトから保険や資産運用などの専門的な知識を求める記事まで幅広いテーマがあります。
専門的な知識が必要な記事作成は報酬が高く、人気の案件となっています。その際には、FP資格を有する人を募集要件として求める場合が多いです。
報酬や条件が良い案件では、FPに限らず様々な資格の保有を必要とするケースもあります。このような観点から副業をする際には、FP資格を有することが有利になります。FP資格を持つことで、専門的な知識を活かした記事作成の仕事にアクセスしやすくなります。
また、FP資格は信頼性や専門性を示す要素としても重視されるため、クライアントや雇用主からの信頼を得る上でもメリットとなるでしょう。

就職・転職でFPは評価される

FP資格は、保険会社や金融機関だけでなく、不動産会社や住宅メーカーなど、さまざまな業種から求められている高く評価される資格です。そのため、就職や転職の際には大きなアピールポイントとなります。

特に女性は家計管理の経験や出産・育児などの経験を持っていることから、相談者の気持ちを理解しやすく、経験を踏まえたアドバイスや提案ができます。そのため、女性のFPを求める声は非常に多いのです。

実際にFPの求人を見ると、女性が働きやすい環境が整備されているケースが多くあります。勤務時間の柔軟性や福利厚生の充実など、仕事と家庭の両立に配慮している企業も多いのです。

こうした配慮が見られることから、女性のFPへの需要が非常に高いことがわかります。企業は女性FPの採用や定着を重視し、女性が働きやすい環境を整えています。

女性のFPは、経験や共感力を活かしてクライアントのニーズに応えるだけでなく、企業からも積極的に採用されるポジションとなっています。そのため、女性の方々にとって、FP資格はキャリアの選択肢として魅力的な存在となっているのです。

独立FPとして収入を得ることも可能

FPは、取得後に更新が不要であり、一度取得すれば生涯にわたって利用することができる国家資格です。
経済状況は日々変化していますが、FPの資格の価値は変わりません。知識を常に最新のものに更新する必要がありますが、資格自体の価値は永続的です。
特に出産や育児などで一時的に退職した人にとっては、資格があることで復職の際の利点となることがあります。さらに、企業に所属せずに独立することもFP資格を活かす方法の一つです。
独立する場合は初期の不安定さや自ら顧客を獲得する必要があるというデメリットもありますが、一方で自分の時間や仕事場所をある程度コントロールできるという利点もあります。
これは、仕事と家庭を両立させる女性にとっては魅力的なメリットです。

FP資格は、働き方の選択肢を増やすことができる点でも強みを持っています。個人のニーズやライフスタイルに合わせて、柔軟に働くことができます。つまり、FP資格は一度取得すれば生涯使うことができるだけでなく、経済状況の変化に対応して知識をアップデートすることができる資格です。

復職の際の利点や独立の選択肢を提供し、仕事と家庭の両立をする女性にとっても魅力的な存在となっています。

資産運用にも活かすことが可能

現在の定期預金は金利が低く、あまりメリットがない状況です。
一方で、投資信託や株式などの資産運用には興味があるものの、知識不足やリスクへの懸念から踏み出せないと感じている人も多いでしょう。
資産運用は方法やリスクが多様であり、金融商品全体が大きなリスクを伴うわけではありません。
株式や投資信託などは価格変動が大きいものもあれば小さいものもあり、選ぶ銘柄や商品によってリスクも異なります。同様に、外貨建て保険商品と円建て保険商品もリスクが異なるのです。
こうした状況で、資産運用に関する専門的な知識を持ち、商品や仕組みを理解していると、自分に最適な資産運用方法を選ぶことができます。
つまり、FP資格を取得することで、収入を変えることはできなくても、支出を削減したり既存の資産を増やす手段を見つけることができるのです。
FPの知識を活かすことで、より効果的な資産運用が可能となり、将来の経済的な安定につながるでしょう。

FPの知識を家計管理に活かすことが可能

FPは、相談者の個別のニーズに合わせてお金に関するライフプランニングを提案することができる資格です。何より、FPの知識を持っていれば、自分自身のライフプランを計画し、最適な資金計画を立てることも可能になります。

たとえば、自分がマイホームを建てたいと考えている場合、FPの知識は住宅ローンの上手な組み方や住宅控除の申請など、税金に関する知識として役立ちます。

同様に、子どもの教育費用や老後のための資金についても、FPの知識は大いに役立つでしょう。家計の見直しや最適な保険商品の選び方などを考えることで、支出を減らし、将来のために貯蓄することが可能です。FPの知識を持っていれば、他人に相談しにくいお金の悩みにも自己解決できるだけでなく、家計のやりくりも上手に行うことができます。FPの知識は、個人の経済的な自立や将来への備えにとても役立つものです。
そのため、FPの資格を持っている人は、自分自身や家族のために最適なお金の運用や計画を立てることができます。これにより、将来の不安を軽減し、より安定した生活を送ることが可能でしょう。

FPの知識は有事にも活かすことが可能

ファイナンシャルプランナー(FP)の知識は、普段の家計管理に限定されるものではありません。実際、FPの知識は様々な場面で役立ちます。

例えば、身内の他界などは予期せぬタイミングで起こり得ます。そのような状況では、FPの知識を活かして余裕を持って対応することができます。事前の相続対策によって相続税を削減することも可能です。
また、離婚などの問題でも、お金に関する紛争が頻繁に発生します。このような状況では、FPの知識が強力な味方となってくれます。お金の分配や財産管理に関する知識を持つことで、より公正な解決が可能となります。

このように、FPの知識は現在の問題だけでなく、将来直面する可能性のある様々な問題にも対応することができます。FP資格を持つことは、自身や家族の経済的な安定を図るだけでなく、未来に備えるための有力な手段となるのです。

女性のFP資格取得についてまとめ

女性とFP資格の相性は良く、FP知識は女性にとって馴染み深く実生活に利用しやすいです。
また女性ならではの視点や話しやすさから、女性FPの求人は多く、FP資格を持つことは復職時に有利となり、選択肢を広げることができます。また、産休や育休中でもFP資格の取得は十分に可能です。

このように、FPは女性と相性が良い資格であり、女性のキャリアにおいて重要な役割を果たします。資格取得を検討している方は、ぜひ参考にしてください。


関連書籍

知りたいことがぜんぶわかる新NISA&iDeCoの超基本

値段定価1,590円(税込)

著者酒井富士子

シリーズ累計5万部突破!将来のお金の不安を解決!

関連記事